Close

2017年9月19日

Session at Star Lab.TOKYO -Creator Stories vol.1-「越境し続けるプロジェクトデザイナーという仕事」プロジェクトデザイナー 佐藤利樹

創造する者が、これからの日本を切り拓く。
あらゆる“ものづくり”の現場が、そのポテンシャルを秘めている。
自分の道を追い求め、生業をあらたな領域へと今まさに拡げている男たちのStoryが、
原宿にうまれた喫煙可能なドロップインオフィス「Star Lab. TOKYO」で綴られます。
初回ゲストは、プロジェクトデザイナー・佐藤利樹氏。
イベント企画→店舗内装、空間演出→プロダクトデザイン→ブランドディレクションと、業界・業種を越境して活躍する佐藤氏が、肩書きに縛られない仕事づくりを語ります。

こだわりを持って働きたい人、あたらしい領域を見つけたい人、そんな人たちとつながりたい人。
ひと息ついてゆっくり物事を考えられる喫煙可能な仕事場「Star Lab.TOKYO」に、ぜひお集まりください。

 

【開催日時】
9月26日(火)19:30-21:30
開 場 19:00
トーク 19:30-21:00
交流会 21:00-21:30

【出演者】
ゲスト:佐藤利樹(プロジェクトデザイナー)

東京生まれ。日本大学経済学部卒。合同会社Yello CEO。
ライフスタイルエディトリアル ショップ「CIBONE」のビジュアル・イベント企画を担当。
独立後、レストランの内装やアパレルブランドのエキシビション空間演出を手がける一方、プロダクトデザインをスタート。KDDI iida LSPより充電機「chargy」発売。同プロジェクトでELLE DECO YOUNG TARENT受賞。現在は、毎年採れたてのオーガニックコットンで作る違いを愉しむ今年のタオル「コットンヌーボー」(IKEUCHI ORGANICより発売、グッドデザイン賞受賞)、リサイクルブランド「RECYCLE STANDARD」、創業1585年扇子を中心として和ブランド「西川庄六商店」、ドネーションプロジェクト「RIBBONS」、フットゴルフブランド「SHIELDS FOOT GOLF CLUB」のディレクションが進行中。

世界的アパレル企業「H&M」ショッパー及びノベリティーデザイン、「蔦屋書店」シーズングラフィック、「第一ホテル」チャペルデザイン、「LYURO 東京清澄 THE SHARE HOTELS」トータルディレクション・グラフィックデザイン等、 ジャンルを越えて様々なプロジェクトで東京をデザインする。

聞き手:土山広志(株式会社リビタ)

 

【定員】
25名
※喫煙可能なスペースのため、20歳以上に限定させていただきます

【参加費】
1,000円(税込)
※1ドリンクおよび交流会費も含まれます
※当日現金にて申し受けます
※Star Lab.TOKYO ドロップインご利用券(1時間無料)を差し上げます

【会場】
「Star Lab. TOKYO」
東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 1F
交通 : JR山手線「原宿」駅徒歩9分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅徒歩6分
http://www.star-lab-tokyo.jp/

 

主催:株式会社リビタ
※本フォームにて取得した個人情報は、本イベントに限って使用いたします。
個人情報保護方針はこちらをご覧ください。
https://www.rebita.co.jp/privacy/policy.html

お問い合わせ:Star Lab.TOKYO CSイベント事務局
m-hiraga@rebita.co.jp(担当:平賀)